木曜日, 6月 13
Shadow

夜勤のストレスに対する対処法

介護の仕事は、慢性的な人手不足もあり忙しい上に、夜勤はスタッフの人数も少なく労働時間も長いです。そのため、疲れやストレスが溜まりやすく、体調を崩す人も多いです。ストレスは精神的だけではなく身体にも影響し、業務に集中できずミスに繋がってしまうこともあります。重大なミスを引き起こさないように、普段から自分に合った対処法を見つけることが大切です。

まずは、睡眠不足からくるストレスは大きいので、夜勤明けの仮眠について見直す必要があります。長時間寝だめをすると、時間の感覚が狂って翌日に影響が出たり、余計に疲れることもあるので2〜3時間を目安に仮眠を取るようにしましょう。仮眠をとる場合、眠る環境はとても大切です。明るい部屋では質の良い睡眠はとれないので、カーテンなどで暗くして光を遮りましょう。また、快適な室温、リラックスできる音楽やアロマを使う、寝具を見直すなどの工夫をしましょう。また、寝る前にお風呂に浸かってリフレッシュするのも良いです。

空腹の場合は、胃腸に負担のかからない消化に良いものを軽く食べると、その後よく眠れます。他にも、買い物をしたり外食をする、友人や家族と充実な時間を過ごすのもストレス発散になります。趣味に没頭したり愚痴や話を聞いてもらう、軽い運動をするのも気持ちの切り替えになります。ストレスが溜まった時にやりがちな暴飲暴食や大量の飲酒やタバコなどは避けて、バランスのいい食事や運動、質の良い睡眠を心掛けましょう。