月曜日, 2月 26
Shadow

介護職員がストレスと向き合っていくには

ストレスを抱える介護職員は多くいます。特に、賃金の低さや残業時間の長さ、職場での人間関係など様々な悩みごとを抱えている介護職員は少なくありません。
(参考サイト:あなたは大丈夫?介護職員のストレス問題

常に良質な介護サービスを提供するためには、ストレスを解消しながら仕事に励むことがとても重要です。できるだけストレスが溜まりにくい環境で仕事ができる職場を探してみるのも一つの改善策となるでしょう。しかしそううまく職場を見つけられないこともあるでしょう。ストレスと付き合いながら仕事を続けるにあたっては、日頃から頼れる先輩や仲の良い同僚と相談をしながら、仕事上の問題解決をすることが大切です。そして介護職員が抱えるストレスには様々な種類がありますが、早い時期に自分自身のストレスの原因を特定して適切な対処法を考える必要があります。

例えば、ハードな仕事の多い介護現場においては、休憩時間や終業後に気分転換のために運動や趣味などを楽しんだり、定期的に長期休暇を取って旅行を計画したりする人も少なくありません。また、毎日の介護業務をなるべく効率よく進めるために、職場内での研修を受けるだけでなく、自治体や社会福祉法人などが主催する勉強会に顔を出すことも肝心です。その他、新卒者や中途採用者は新しい職場に馴染むまでに時間が掛かったり、仕事以外でもストレスを感じたりすることが多くなる傾向があります。そこで、躊躇わずに教育担当者にアドバイスをもらことや、同じような立場の人と情報交換をすることも大事です。